難しい就業規則!?社会保険事務所に委託すればいい

企業では就業規則の作成が必要になる

企業を立ち上げた場合には、働く社員のための就業規則が必要になります。そこには働く上での勤務ルールが記載されていて、これに基づいて働くことになります。ただそのルールも社長が勝手に決めることができるのではなく、労働基準法等をはじめとして法律をベースに決めなければならないのです。絶対的記載事項と言われる必ず就業規則に記載しなければならない項目もあれば、その規定内容も法律に反する内容のものは当然認められないのです。

就業規則の改変は大変な作業

そのため起業したばかりのケースでは社長もそのような知識がない場合も多く、就業規則に関しての知識が豊富な社会保険事務所に就業規則の作成を委託するところも多いです。ベースになる就業規則を作成してもらってから、それに改変を加えていくことを考えます。しかしながら、労働に関する法律も最近は毎年のように変更になるために、それが就業規則に影響を与えることもあり、常時そのような知識を得る手段を準備しておく必要があります。

就業規則は社会保険事務所に委託すれば便利

そして就業規則を実際に改変しようとしますが、その文言についても気をつける必要がありますし、ひとつの改変が他の条文に影響を及ぼすこともあり、総体的に規則内容を把握しておく必要があります。そのため就業規則を委託した社会保険事務所に対して就業規則の改変も委託する企業も多いです。改変に際しては企業側も意向を確認しながら、社会保険事務所の方で意向を反映した形で合法的に作成してくれます。改変時の労働基準監督署への提出代行もおこなってくれて便利です。

社会保険労務士の就業規則は、企業内のコンプライアンスを強化するうえで不可欠であり、従業員のやる気を引き出す効果もあります。

Related Posts