そんなことできるの?知らなかったエクセルの裏技

ダブルクリック技わけでこんなに便利に

エクセルを使用するにあたり、ダブルクリックだけでとても便利になる裏技があります。例えば、あるセルに長い文字を入力すると、隠れて見えなくなってしまいますよね。そんな時には、そのタブの一番上部のセルの境目をダブルクリックしてみてください。文字の長さに合わせて自動的にセルの大きさを調整してくれます。また、複数行に項目を入れて、その横のセルに上から連番をつけたいときがありますよね。そんな時は、1と2を入力した後に、1と2のセルを選択してダブルクリックしてみてください。自動的に連番が振られます。

マウスを使いこなすだけで、こんなに使いやすく

エクセルで、1から連番を入力したい時ってありますよね。そんな時には、1と2を2行にわたって入力したあとで、1と2のセルを選択した状態で、コントロールボタンを押しながら、マウスで伸ばしたいところまで下に伸ばしてみてください。自動的に連番が振られるのがわかります。あと、表全体を移動させたい時ってありませんか?そんな時は、表全体を選択して選択した表の左上あたりにマウスを持って行ってください。マウスカーソルがグーになるはずです。その状態で、ドラッグアンドドロップを行うと表全体が簡単に移動できます。

コピー&ペーストのトラブルも解消

よく、表を作った時に計算結果を、コピーして、他のシートにペーストした時に「#REF!」などのエラー表記が出たりしませんか。これは、ペーストする時に計算結果ではなく、計算式をペーストしてしまうからなのです。そのため、このトラブルを解消するためには、ペーストする時にペーストボタンの横に小さな三角がありますのでそのボタンを押しましょう。ペーストの形式が選べるはずです。この時に「値」を選べば、計算結果がきちんとペーストされることとなります。

CADのスクールに継続して通学をすることにより、コンピュータグラフィックスに関する専門的なノウハウを身につけることが可能です。

Related Posts