ここだけは抑えておきたい!クレジットカードの審査についての基礎知識

クレジットカード審査の基本的な流れ

いまや私達の生活に欠かせない便利アイテムになっているクレジットカードですが、作るためには当然カード会社による審査を受ける必要があります。でも心配ありません、審査といっても全然怖がる必要は無いんです。免許証などの本人確認書類を用意して、審査に必要な項目を埋めるだけでOKですよ。書類を提出した後は、各々のカード会社が独自のデータベースに照会し、合否が判定されます。今の審査はほとんどシステム化されていますが、場合によっては電話などによる確認が行われる場合があるので要注意です。

クレジットカード審査には3つの要点があります

クレジットカード審査は、申込者の収入と性格及び資産という3つのポイントによって行われています。収入とは、申込者の現在の職業や勤続年数、年収などをトータルで数値化したものです。たとえば勤続年数が長い公務員だと高く、勤続年数が短いフリーターだと低くなってしまうんです。性格とは、申込者が誠実に返済出来るかどうかを判断するものです。主に過去のカード使用履歴や、事故歴の有無などが調べられます。資産とは、いざという時の担保になり得る不動産などを持っているかどうかという項目です。以上の要点を知って、自分はどれくらいの立場にいるのかある程度推測しておけば、きっと審査が通りやすくなるでしょう。

会社によってクレジット審査の厳しさは異なります

どの会社のクレジット審査も、同じようなものだと思ってしまいがちですよね。ですが、その会社がどの系列なのかによって難易度は全然違うんです。クレジットカード会社は、銀行系と信販系と消費者金融系の3つで占められていますが、このなかで最も審査が厳しいのが銀行系で一番甘いのが消費者金融系です。銀行系は審査が厳しい反面、金利やサービスなどが良いというメリットがあるので、審査に通る自信があるのなら挑戦してみましょう。そうでないのなら、まずは信販系か消費者金融系がお勧めです。

クレジットカードは、現金と並んで代表的な決済方法のひとつとして普及しており、主に会社員や自営業者を中心に需要が高まっています。

Related Posts