二種類あるって知ってる?一般信用取引と制度信用取引

信用取引には二種類ある

証券会社から資金もしくは株そのものを借り、それを運用して株取引を行うのが信用取引です。しかし、この信用取引は大きく分けて2種類あるということを知らない人は、意外に多くいます。この2種類とは、「一般信用取引」と「制度信用取引」です。双方とも信用取引を行うに当たっての構造や手法に違いはありませんが、様々な面で違いがあります。どちらが利益を出しやすいかなどの違いも無いため、銘柄に即して使い分ける程度で良いのですが、運用に関して細かい注意があるので覚えておきましょう。

証券会社から借りるのが「一般信用取引」

証券会社が保有する株を借りて信用取引を行うのが、「一般信用取引」です。「一般」の名からも分かる通り、信用取引においてはこちらのイメージが主体的であり、取引量からも多数を占めています。その理由は、証券会社が扱っている銘柄であればどのようなものでも借り受けることができるため、基本的に信用取引できない銘柄が無く、取引したい銘柄で信用取引を行えるためです。一方で証券会社が独自に定める金利や手数料に基づいて運用されるため、コストが若干高くなる場合があります。

証券取引所から直接借りるのが「制度信用取引」

一方で、証券取引所が基準を設けて定めている銘柄で信用取引を行うのが、「制度信用取引」です。こちらは証券取引所が「信用取引を行うに当たって適当である」と保証しているものになるため、大幅な損失が生じる可能性が若干低く、さらに金利も安く設定されているというメリットがあります。しかし、一般信用取引と違って返済期限が設定されており、この期限を越えて継続的に保有することができなくなっています。また取引ができる株式も限定されるため、どのような銘柄が借りられるのかを事前に把握しておかなければなりません。

信用取引とは投資家が自分の資金や株式などを担保にし、証券会社から資金や株式を借りて投資することを言います。

Related Posts